会長あいさつ

第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会 会長 犬塚 貴 (岐阜大学大学院医学系研究科 神経内科・老年学分野 教授)

このたび、第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会を、来る2016年11月18日(金)、19日(土)に名古屋市の「ウインクあいち」(愛知県産業労働センター)で開催いたすことになりました。
本学会は難病医療専門員の情報交換と経験の共有化を目的として、平成11年に開催された「中国・四国・九州難病医療専門員研修会」に始まります。平成16年には「日本難病ネットワーク研究会」に発展し、平成24年には大阪に全国各地から多職種の方が集まり、本学会の第1回学術集会が盛大に開催されました。この間、難病は単に難治の病気であるだけでなく、さまざまな生活障害を伴い、人としての尊厳を侵蝕するものであり、これに立ち向かうために官民さまざまな組織、そして多くの職種の方々の連携が必要であることが広く認識されてきました。さらに難病対策を推進するために法制化が検討され、平成27年に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行されました。その結果、指定難病は306疾患に急増し、これまでになじみの少ない疾患も多くあります。また医療費の負担方法をはじめ、新しい仕組みがもたらす問題や、新たな支援ネットワークをどう構築すべきか悩むこともでて参りました。今回の学術集会は「難病の多様性と共通する課題」をテーマに、多様な難病を認識して、それぞれのニーズを捉えた多職種連携の新たな模索と、渇望する治療法の展望について学びたいと思います。皆さまの知識や経験をお互いに共有して、連携を育てる場となり、患者さんに還元されることを願っています。そのような会になりますよう全力を尽くして参りますので、皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。
日本のまん中、交通の便利な名古屋駅のすぐ近くで、多くの皆さまとお会いできますことを楽しみにしております。

2015年1月
第4回 日本難病医療ネットワーク学会学術集会
会長 犬塚 貴